公正証書遺言書が有用なケース

当相談室では、安全で確実な公正証書遺言書の
作成相談を専門的にお受けしています。

手書きの遺言書は、誰にも知られることなく
いつでも作成することができます。

自分ひとりで手軽に作成できますので、
費用もかからず、遺言内容の秘密も保てます。

しかし、遺言者がご高齢で、本人の遺言能力が問題視されそうな場合、
手書きの遺言書だと「誰かが書かせた」とよく疑われます。

財産がたくさんあって、遺言の内容が複雑になりそうな場合には、
全文を手書きするのは本当に大変な作業となりますし、

遺言の内容が明らかに相続人の遺留分を侵害する場合や、
子供たちになるべく早く遺産の名義変更をさせたい場合には、

遺言書の検認が終了するまで名義変更できない手書きの遺言書よりも、
速やかに名義変更ができる公正証書遺言書がお勧めです。

ご高齢の場合、手が震えて字が書けないケースもよくありますが、
公正証書遺言書なら字が書けない場合でも遺言書を作成することができます。

公正証書遺言書の作成サポート

自分ひとりで手書きで遺言書を作成する場合、
遺言書が偽造されたり、捨てられたり、法律的に無効になる危険がありますが、

法律の専門家である公証人が関与する公正証書遺言書の方式を選択すれば、
法律的に無効になったり、遺言の内容に問題が生じることはありません。

また、作成した公正証書遺言書の原本は、公証役場に長期間保管されるため、
遺言書の保管場所に悩む必要もありません。

手書きの遺言書のように、遺言を快く思わない者に遺言書を捨てられたり、
遺言書を隠されたり、偽造される心配もありません。

さらに、手書きの遺言書の場合には、裁判所で検認をする必要があるため、
名義変更をするまで1ヵ月~2ヵ月近く待たされますが、

公正証書遺言書の場合には、遺言の検認をする必要がないため、
余計な時間や手間をかけることなく、すぐに名義変更をすることが可能となります。

公正証書遺言書は、手書きの遺言書と比べて費用がかかりますし、
戸籍謄本を集めたり、相続関係図を作成するなど、手続きも非常に面倒です。

でも、手書きの遺言書は相続争いを生じやすく、争いが発生すれば、
多額の弁護士費用が必要となり、裁判も長期化するデメリットは見過ごすことはできません。

急を要する場合には、手軽に作成できる手書きの遺言書は非常に有用ですが、
万全を期した遺言書を作成するなら、安全で確実な公正証書遺言書の作成がお勧めです。

相続が開始したとき、公正証書遺言書は絶大な威力を発揮します。
公正証書遺言書の作成をお考えの際は、専門の当相談室までお気軽にご相談を下さいませ。

遺言書作成のご相談、お気軽にどうぞ!084-963-2351受付時間 9:00-19:00
相続問題専門 木村法務行政書士事務所

メールでのお問い合わせはこちら