秘密証書遺言書の作成!

秘密証書遺言書とは?

秘密証書遺言書は、遺言書を自分で作成し、公証人と証人2名の面前で
これは自分の遺言書だと宣言して認証を受ける方式の遺言書です。

秘密証書遺言書の最大のメリットは、自筆証書遺言書のように、
署名以外、全文をすべて手書きする必要がない点です。

秘密証書遺言書は、パソコンを使用して、いつでも作成することができ、
たとえ遺言が長文になっても大丈夫な点が大きなメリットとなります。

さらに、秘密証書遺言書は自分で書いて封印をするものであるため、
遺言内容の秘密を保つことができます。

<作成手順>

まず、遺言者が遺言を作成し、自筆で遺言に署名をします。
そして、遺言書を封筒に入れ、遺言で使用した印鑑と同じ印鑑で封印をします。

次に、信用のできる遺言書の証人を2名用意して、
公証役場に対して、秘密証書遺言書を作成したい旨の予約を入れます。

公証役場では、まず遺言者が、公証人と証人の前に遺言書を差出して、
これが自分の遺言である旨、そして、筆者の住所と氏名を申述します。

そして、公証人が、遺言書の提出日付、遺言者の申述を封紙に記載した後、
公証人・遺言者・証人がこれに署名・押印します。

秘密証書遺言書のデメリットは?

秘密証書遺言書は、公証役場で保管されることがないため、
遺言書を隠されたり、捨てられたりする危険が常につきまといます。

遺言書の内容についても、法のプロである公証人が関与しないため、
ひとりで作成すれば法的に無効になるリスクがあります。

また、秘密証書遺言書は、公証人の認証を受ける必要があり、
遺言書の証人も2名用意しなければなりません。

さらに、家庭裁判所で遺言書の検認手続きを受ける必要がありますので、
公正証書遺言書のように、すぐに名義変更をすることはできません。

秘密証書遺言書の法的サポート!

秘密証書遺言書がトラブルになる事例の多くは、
自筆証書遺言と同様、法律の専門家が関与していないケースで発生しています。

遺言書が法的要件を満たしていなかったり、遺言書の内容に問題があったり、
第三者の都合のいいように遺言書を作成される危険性もあります。

しかし、前述のとおり、秘密証書遺言書は、手書きで作成をする必要がなく、
パソコンを利用できるのが秘密証書遺言書の最大のメリットです。

秘密証書遺言書は、なじみが薄く、あまり利用されていませんが、
今後は法律家が関わって、もっと活用されてもよい遺言の形式だと思われます。

秘密証書遺言書の作成なら、専門の当事務所にお任せ下さい。
ご希望の相続を実現し、トラブルにならない遺言書作成のお手伝いを致します。

遺言書作成のご相談、お気軽にどうぞ!084-963-2351受付時間 9:00-19:00
相続問題専門 木村法務行政書士事務所

メールでのお問い合わせはこちら