自筆証書遺言書のご相談

当相談室では、緊急の場合に威力を発揮する
手書きの遺言の法的サポートも承っています。

公正証書遺言書を作成する余裕がない場合、
余命少なく取り急ぎ何かを書き残したい場合、

手書きの遺言書が法律的に無効にならないよう、
遺言の起案と作成の支援を致します。

取り急ぎであっても、何か一筆、本人の意思が遺されていれば、
残される家族は非常に助かります。

ついつい後回しにして、遺言をしなかったばかりに、
家族が悲惨な相続争いに巻き込まれた事例は後を絶ちません。

大切な家族が困らないよう、手書きで遺言を遺したい!
そんなときには専門の当相談室までお気軽にご相談を下さいませ。

自筆証書遺言書の作成のメリット

手書きで遺言書を作成する最大のメリットは、
遺言内容を秘密にして、いつでも手軽に作成できる点にあります。

遺言の内容、日付、名前をすべて手書きして名前の横に印鑑を押せば、
遺言書は簡単に出来上がります。

遺言は、どんな用紙でも、どんな筆記用具を用いてもよく、
実印を使う必要もありません。氏名もペンネームでも構いません。

公正証書遺言書の作成と違って遺言の証人2名を用意する必要もなく、
法律的な効力も、公正証書遺言書と何ら変わりはありません。

たとえ紙の端くれであっても、そこにほんの数行でも親の意思が示されていれば、
遺言の威力により他の兄弟姉妹との相続バトルから解放されることになります。

自筆証書遺言書の作成サポート

手書きの遺言書の最大のメリットは、
何といいましても、迅速に遺言書を作成できる点にあります。

まだまだ遺言書を書き直す予定がある場合、
何かあった後では遅いので取り急ぎ遺言書を作成したい場合、

余命少なく遺言書の作成が急を要する場合などに、
手書きの遺言書は絶大な威力を発揮します。

手書きの遺言書の大きなデメリットとして、
遺言がトラブルになりやすいという指摘がよくなされます。

確かに、遺言書の作成過程や遺言内容に問題があったり、
法形式に沿った作成がなされていないとトラブルは避けられません。

しかし、手書きの遺言書がトラブルになるのは、
多くの場合、誰にも相談せずひとりで遺言書を作成したようなケースです。

遺言書を作成するときに法律の専門家が関与していれば、
せっかくの遺言書がトラブルに見舞われる危険はなくなります。

手書きで遺言をしようと思うので、
あとでトラブルにならないよう法的サポートをして欲しい、

そんな時には、専門の当事務所までお気軽にどうぞ。
ご希望の相続が実現できますよう、遺言書作成の法的サポートを致します。

遺言書作成のご相談、お気軽にどうぞ!084-963-2351受付時間 9:00-19:00
相続問題専門 木村法務行政書士事務所

メールでのお問い合わせはこちら