方式が緩和! 自筆証書遺言書のご相談

当相談室では、手書きによる遺言書の
法的サポートも専門的に承っています。

手書きによる遺言書も、公正証書遺言書と
同じ法律的効力を持ちます。

いつでも自分の好きな時に作成することができ、
遺言内容の秘密を保つことができます。

遺言書の作成に時間と費用をかけたくない場合、
定期的に遺言を書き換えることが予想される場合、

死期が迫っていて、公正証書遺言書を作成する時間がない場合、
自筆証書遺言書は、絶大な威力を発揮します。

平成31年1月13日より自筆証書遺言書の方式の緩和がスタートし、
実務では、自筆証書遺言書の増加が予想されています。

自筆証書遺言書のデメリットについて

自筆証書遺言書は、法律で厳格な方式が定められていますが、
作成において、公証人や専門家の関与は必要とされていません。

そのため、方式違背によって遺言が無効になるリスクが大きく、
遺言の内容をめぐって家族が争いになることもよくあります。

しかし、そういったトラブルの多くは、
ひとりで遺言書を作成してタンスにしまっているようなケースです。

弁護士や行政書士など、法律に詳しい専門家が関与すれば、
せっかくの遺言書が無効になったり、トラブルになることはありません。

2020年7月10日より、自筆証書遺言書の保管制度もスタートし、
この制度を利用すれば、面倒な遺言書の検認も不要となります。

自筆証書遺言書の作成サポート

自筆証書遺言書は、公正証書遺言書と同じ法律的効力を持ち、
迅速に遺言書を作成できる点に大きなメリットがあります。

平成31年1月13日より自筆証書遺言書の方式が緩和され、
財産目録の手書きが不要となりましたので、作成が簡単になりました。

しかし、法律で厳格な方式が定められている点は変わらないため、
生知識でひとりで作成すると、遺言が無効になる危険が避けられません。

当相談室では、いつでも素早く作成できて、相続争いを未然に防ぐ、
自筆証書遺言書のご相談も専門的に承っています。

ご依頼を受けて、相続のご希望を実現する遺言の文案を作成し、
遺言書が法律的に無効にならないよう、作成における法的サポートを致します。

せっかくの遺言書が無効になったり、相続争いの火種になったら大変です。
遺言書作成のことなら、専門の当事務所までお気軽にご相談を下さいませ。

遺言書作成のご相談、お気軽にどうぞ!084-963-2351受付時間 9:00-19:00
相続問題専門 木村法務行政書士事務所

メールでのお問い合わせはこちら