自筆証書遺言書の作成

自筆証書遺言書はとても有用!

自筆証書遺言書は、手書きで作る遺言書のことを指しますが、
その最大のメリットは、いつでも手軽に遺言書を作成できる点にあります。

遺言の内容、日付、名前をすべて手書きして、認印でもいいので
名前の横に印鑑を押せば、遺言書は簡単に出来上がります。

公正証書遺言書の作成と違って遺言の証人2名を用意する必要もなく、
書いた遺言の内容も秘密にすることができます。

また、遺言は、どんな用紙に書いても、どんな筆記用具を用いても、
法律的な要件さえ満たせば遺言はすべて有効となります。

自筆証書遺言書が特に威力を発揮する場面は、どうしても遺言書が必要で、
かつ、遺言書の作成が急を要する場合です。

余命いくばくもない場合や公正証書遺言書を作成する時間がない場合に、
取り急ぎ自筆で遺言を書いておけば、それだけで絶大なる効力を発揮します。

自筆証書遺言書のデメリットをどう考える?

自筆証書遺言書はひとりで簡単に作成することができますが、
何かとトラブルになりやすいという、非常に大きなデメリットがあります。

せっかくの遺言が、法律的な要件を満たさず無効とされたり、
遺言を書き換えられたり、捨てられたり、隠されたりする危険が常につきまといます。

遺言者の遺言能力を問題視されたり、本当に本人の意思で書いたのかと疑われたり、
遺言の内容に問題があって、逆に相続争いの火種になることも非常に多くあります。

裁判所で遺言の検認手続きが必要となる点も、自筆証書遺言書の最大のデメリットで、
時間がかかるうえ、遺言の筆跡が疑われて相続争いになるケースが非常によくあります。

以上のような大きなデメリットを考えれば、
トラブルになりやすい自筆証書遺言書は避けるべきと思われますが、

自筆証書遺言書がトラブルになる事例のほとんどは、
自分一人で遺言書を作成して、タンスや仏壇にしまっているようなケースです。

法律の専門家が関与した遺言であれば、遺言書が法的に無効になることはなく、
遺言書の書き方に問題があって、相続争いに発展する可能性は非常に低くなります。

自筆証書遺言書の作成ならお任せ下さい!

前述のとおり、法律の専門家が遺言書の作成に関与すれば、
自筆証書遺言書のデメリットの多くは解消され、トラブルになる可能性は低くなります。

自筆証書遺言書は、公正証書遺言書と同じ法律的な効力を持ちますので、
死期が迫っていて取り急ぎ遺言書を作成する必要がある場合はとても有用です。

必要に応じて何度も書き直す可能性がある場合も、
いつでもどこでも手軽に作成できる自筆証書遺言書はとても有用です。

遺言を書こうと思っているけど、どのように書いたらいいか悩んでいる、
家族のために遺言を作ろうと思うので、法的サポートをして欲しい、

そんなときには、どうぞお気軽にご相談を下さいませ。
ご希望の相続を確実に実現する、遺言書作成のお手伝いを致します。

遺言書作成のご相談、お気軽にどうぞ!084-963-2351受付時間 9:00-19:00
相続問題専門 木村法務行政書士事務所

メールでのお問い合わせはこちら