え!それだけ?

こんにちは!

相続遺言専門、行政書士の木村浩康です。(^^)/

さてさて、今回の事務所のトピックスは、
遺言書の法的チェックでよくあるお話。

ご依頼を受けて、
遺言書の法的チェックをさせて頂きますと、

非常に多いのが、
財産の一部についてしか書いていない遺言。

「自宅は長男に相続させる」

「田んぼは二男に相続させる」

他に財産があるのに、とりあえず、
その財産だけ書いてあるケースをよくお見かけます。

そのような遺言も、法律的に無効ではありません。
相続時には効力を発揮します。

でも、そのような遺言は、
とてつもなく大きな相続争いの芽を孕んでいます。

なぜなら、親が「家は長男に相続させる」とだけ書いた場合、
他の財産については、子供たちで遺産分割協議をする必要があるからです。

家が長男のものになったことで気分を害すた者がいれば、
たちどころに遺産分割協議が紛糾し、話し合いが決裂となってしまいます。

そうなりますと、いつまでたっても財産は塩漬状態で、
相続税の申告ができず、税金の特例も受けれなくなってしまいます。

親が遺言書を遺すなら、やはり財産リストをしっかり作成して
何がどこにあるか引き継ぎをキチンと行ない、

子供たちが相続で絶対モメないよう、
遺産分割協議の余地をなくした遺言書であることが望まれます。

遺言書の記載からもれた財産があれば、その財産について、
別途、遺産分割協議をする必要がある点に、十分ご注意を下さいませ。

ふくやま mirai 遺言書相談室


Follow me!