その辺の配慮もお忘れなく!

こんにちは!

相続遺言専門、行政書士の木村浩康です。(^^)/

さて、今回の事務所のトピックスは、
遺留分減殺請求に配慮した遺言のお話です。

跡取りの子供が親にお願いをして「財産を全部相続させる」
と遺言を書いてもらうケースはよくあります。

その場合、他の子供たちの遺留分を思いっきり侵害することになりますが、
遺留分を侵害した遺言が法律的に無効になることはなく、

他の子供たちが、「お兄ちゃんは跡取りだからね~、いいよ。」
と、何も文句を言わなければ、それで丸く収まります。

でも、親の相続は、
そうそう都合よくいかないのが世の常です。

例えば、二男が内容証明郵便で遺留分の減殺請求をすれば、
二男の遺留分は、裁判を経ることなく回復されることになります。

よって、他の兄弟姉妹からの遺留分減殺請求が避けられず、
遺留分を主張されると大変なことになる場合には、

親とよく相談をして、
遺言の中で遺留分減殺請求の順序を指定してもらいましょう。

ちなみに、遺留分減殺方法の順序の指定におきましては、
遺贈より先に贈与を指定することはできません。

また、贈与を指定する場合、新しい贈与から指定する必要があり、
時期の古い贈与を先に指定することはできません。

以上、

遺留分を侵害したままの遺言だと、互いに気まずい思いをしますし、
バトルは避けられませんので、その辺の配慮もお忘れなく。

遺言の書き方にはくれぐれもご注意を下さいませ。

ふくやま mirai 遺言書相談室


Follow me!