相続手続きのスケジュール

相続手続きのスケジュール

大切な家族が亡くなりますと、誰もが深い悲しみにつつまれます。
何も手につかない、何も考えられない状況に陥ります。

しかし、そんな感傷に浸る間もなく、
あわただしく葬儀や法要の手配を余儀なくされます。

そして、遺産分けでモメないよう、相続人となる人を調査したり、
亡くなった人の家の中に立ち入って相続財産となるものを調査したり、

亡くなった人の遺言が見つかれば、遺言書の検認手続の申請をしたり、
相続の放棄の手続きをしたり、遺産分割協議の準備をしなければなりません。

相続手続きのスケジュールは以下のとおりですが、遺産が基礎控除額を超える場合は、
相続開始から10か月以内に相続税の申告を行う必要がございます。

相続手続きの法的サポート

相続税の納税を抑える上で、配偶者の税額軽減の特例と小規模宅地の特例は
是非とも活用したいところです。

しかし、この大きな減税メリットのある2つの特例適用を受けるためには、
相続税の申告期限内に遺産分割協議を終えている必要があります。

故人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本を取り寄せたり、
各相続人の戸籍謄本を各地から取り寄せる作業には膨大な時間がかかります。

故人の遺品を整理し、相続財産がないかどうかあちこち調べて回り、
その財産評価をするのも時間と費用がかかります。

さらに、遺産分割協議をしようにも、行方不明の人、認知症になった人、
利益の相反する未成年者がいれば、それぞれに代理人を選任しなければなりません。

前述のとおり、相続税の申告期限は相続開始後10か月以内ですので、
相続トラブルでゴタゴタ揉めていたら、大変なことになってしまいます。

相続手続きにかける時間的な余裕がないので、
戸籍謄本の収集や遺産分割協議書の取りまとめをして欲しい!

そんなときには、相続手続き専門の当事務所までお気軽にどうぞ。
ご依頼を受けて、相続手続きが円滑に進みますよう法的サポートを致します。

遺言書作成のご相談、お気軽にどうぞ!084-963-2351受付時間 9:00-19:00
相続問題専門 木村法務行政書士事務所

メールでのお問い合わせはこちら