うわ!何十人も!

こんにちは!

相続遺言専門、行政書士の木村浩康です。(^^)/

さて、今回の事務所のトピックスは、

『あって良かった親の遺言!』

親の遺言がなくて何が大変か?

それはやはり遺産分割協議です。

特に高齢の親が亡くなった場合は本当に大変です。

先に子供が亡くなっている、

孫も亡くなっている、

子どもがどこにいるかわからない、

子どもが外国にいる、

子どもも認知症になっている、、、

そんなこんなで、
法定相続人が20人、30人になることも、、、

そして、どのぞの専門家に処理を依頼すると、
少なくて30万、多くて100万単位、、、

相続人は何十人もいて、取り分は非常に少ないのに、
協議が全然まとまらない、そんなケースはよくあります。

相続人が何十人もいたら、
戸籍謄本集めだけでも大変です。

あとに残す家族に大迷惑をかけたり、
トラブルに巻き込むことになりますので、遺言書の作成をお早めに。

まさに、立つ鳥、跡を濁さず!

人生に心残りを遺さない!

ですね。。。(^^)/

そして、公正証書遺言書なら、
字が書けなくても作成することができますので、

遺言能力を失わないうちに、
相続のご希望を確実に遺しておきましょう。(^^)/

ふくやま mirai 遺言書相談室


Follow me!