再婚夫の遺言書作成

今や、離婚そして再婚は、
珍しいものではなくなりました。

しかし、再婚をした夫に前妻の子がいる場合、
再婚夫の遺言書が絶対に欠かせません。

なぜなら、再婚夫が死亡した場合、
前妻の子供も再婚夫の相続人になるからです。

再婚夫が遺言をせずに亡くなった場合、
遺産分割協議をする必要が生じてしまいます。

そうなりますと、遺産分割協議は相続人全員参加が原則のため、
前妻の子供も話し合いに参加させる必要が生じますが、

「どこにいるかわからない」
「遠方にいてなかなか来れない」

「敵対的で話にならない」
「そもそも話し合いを拒否される」

といったことが非常に多くあり、
解決できずに困ってしまうケースがよくあります。

話し合いができないために、いつまで経っても預金もおろせない、
相続税の申告もできない、となったら本当に最悪です。

後妻と子供たちが相続で嫌な思いをしないようにする方法はただ一つ。
遺産分割協議の余地を残さない遺言書を作成することです。

遺言書の作成は、自分の亡くなった後のこと書くものであり、
死ぬ間際に書くイメージがあるため、ついつい後回しにしがちです。

でも、人はいつ死ぬかわかりませんし、
再婚の場合は、相続争いになることがわかりきったケースと言えます。

残される家族が路頭に迷わないようにしておかないと、
人生におきまして、本当に大きな心残りとなって参ります。

再婚をして家を新築したようなケースの場合はなおのこと、
家を巡って争うことのないよう、再婚妻のための遺言書の作成をお早めに。

さらに、手書きの遺言の場合、遺言書の検認手続きに時間を取られ、
前妻の子と後妻の子が裁判所で顔を会わせる最悪の状況となりますので、

少々面倒ですが、検認必要とせず、すぐに名義変更をすることができる、
公正証書遺言書の作成がお勧めです。

ご依頼を受けて、亡き後の心残りを無くし、
大切な家族に想いを伝える公正証書遺言書の作成サポートを致します。

必要書類を手配、遺言証人のご用意

遺言書作成のご相談、お気軽にどうぞ!084-963-2351受付時間 9:00-19:00
相続問題専門 木村法務行政書士事務所

メールでのお問い合わせはこちら