相続に関するお悩み相談

骨肉の相続争いを原因とする遺産分割調停は年々増加しています。
相続税法の改正もあり、どの家庭も相続に無関心ではいられなくなりました。

何も準備もないまま相続を迎えますと、あとて大変なことになります。
適切な相続対策を怠れば、「相続破産」や「家族縁切」がありえます。

相続の生前対策につきましては、①節税対策、②納税資金対策③争族対策
この3つがございますが、

特に重要なのが、いわゆる「争族」の対策です。
ひとたびモメてしまえば、永久に関係を修復することはできません。

相続のことで悩んでいる、、この先どうしたらいいか悩んでいる、、、
そんなときには、相続問題専門の当事務所までお気軽にどうぞ。

今後どうしたらいいか、どうしたらうまく相続問題を解決できるか、
これまでの相続相談実績に基づく専門的なアドバイスを親身になって致します。

親の相続に関するご相談

子供たちの仲が悪く、相続争いになるのが目に見えているのに、
なかなか親が重い腰をあげてくれない、、、

子供たちの仲が悪い場合、あるいは、親の再婚による半血兄弟がいる場合、
親が亡くなる前に何らかの相続の生前対策が望まれます。

そして、その骨肉の相続争いや相続トラブルを避けるうえで欠かせないのが、
親の遺言書の作成ということになって参ります。

しかし、親に生前対策や遺言書のことを切り出すときは、十分注意が必要です。
子供から唐突に言われて気分を害するケースは非常に多くございます。

遺言と聞いて親が「財産狙い!」と勘違いするのも日常茶飯のことで、
「縁起でもない!」と親が激昂するケースは非常に多くございます。

そして、もしもそうなってしまったら、もう取り返しがつきません。
最後の最後に親子の縁が切れてしまうという、とても悲惨な状況に陥ります。

親に相続の生前対策をお願いしようと思うので専門的なアドバイスが欲しい、
親の遺言書作成における法的サポートをして欲しい、、、

そんなときには、専門の当事務所までお気軽にどうぞ。
お抱えになられた相続や遺言のお悩みを解決するため尽力致します。

遺言書作成のご相談、お気軽にどうぞ!084-963-2351受付時間 9:00-19:00
相続問題専門 木村法務行政書士事務所

メールでのお問い合わせはこちら