遺言書作成Q&A

わざわざ遺言書を作る意味は?

遺言を書いておかないと、法律による形式的な配分となってしまいます。
そのため、見たこともない親戚が自分の大切な財産を相続するかもしれません。

この点、遺言を書いておけば、自分の思い通りに財産を配分できますし、
相続権のない長男の嫁や可愛い孫に対しても財産をあげられるようになります。

また、法律的に間違いのない遺言書を作っておけば、
家族は遺産分割協議をする必要がなくなりますので本当に助かります。

相続手続きの面においても、公正証書遺言書があればすぐに名義変更ができ、
相続税の申告も非常に楽になりますので、遺言書は本当に有用です。

遺言は縁起が悪いのでは?

遺言は、遺書ではございません。

遺書は、死を前にして、気持ちを書き連ねたものに過ぎません。
そして、そこには、恨み、未練、怨念がたくさん籠っているかもしれません。

しかし、遺言書は、そのような不吉なものではございません。
残されるご家族が路頭に迷ったり、困らないようにしておく大切なものです。

ご存じのとおり、骨肉の相続争いは熾烈を極めます。
ひとたび相続争いが勃発すれば、大切な家族が深く悲しむことになります。

遺言書は、その醜い争いを防いてくれるのですから、
その果たす役割は非常に大きく、家族から大いに感謝されることでしょう。

遺言は死ぬ間際に書けば十分では?

自分はまだ若いので、焦って遺言を書く必要はない!
遺言は、最後の最後に、残ったものについて書けばいい!

遺言について、そのようにお考えの方は多くいらっしゃいます。
しかし、遺言書の作成は、死ぬ間際では遅すぎます。

なぜなら、遺言書の作成には「遺言能力」が求められるからです。
高齢になって遺言能力がなくなりましたら、もはや遺言書は作れません。

大切な家族が困らないようにしておくためには、
誰からも遺言能力を疑わない元気なうちに遺言をする必要がございます。

どのようなサポートが受けられますか?

遺言をどのように書いたらいいかわからない場合に、
ご相談者様のご家庭のご事情に沿った、最適な遺言書のご提案を致します。

ご相談者様が手書きで遺言書をお作りになられた場合に、
遺言書が無効にならないよう、法的チェックとアドバイスを致します。

公正証書遺言書の作成に費やすお時間がない場合に、
ご相談者様に代わって遺言の起案、証人の手配、打ち合わせの代理を致します。

成年後見のことも気になりますが?

当事務所は、相続問題、遺言書の作成が専門ですが、
深く関連するお仕事として、成年後見・任意後見のご相談もお聞きしています。

「いつまでも元気で長生きしたい」誰もがそう願って生きていますが、
現在、高齢になって認知症になる人が激増しています。

そして、認知症になりますと、判断能力がなくなるわけですから、
親族による財産の使い込みや詐欺などの被害に巻き込まれる危険が高まります。

そのような場合の備えとして、成年後見制度があり、
その成年後見制度には「法定後見」と「任意後見」の2種類がございます。

そして、その法定後見と任意後見の最大の違いは、
後見人を自分の意思で選べるかどうかという点にございます。

法定後見の場合は、裁判所が後見人を選任するため、
赤の他人に判断能力を失った自分を委ねる可能性がありますが、

任意後見であれば、自分の信頼する人をあらかじめ後見人に選任することができ、
後見契約の内容についても、自分の希望を契約に反映させることができます。

また、任意後見契約は、公正証書で契約する必要がございますが、
公正証書遺言書とセットで作成すれば、老後の備えも死後の備えも万全となります。

任意後見契約の他、見守り契約、財産管理等委任契約、死後事務委任契約、
尊厳死宣告公正証書についても当事務所で対応可能ですので、お気軽にご相談を下さいませ。

遺言書作成のご相談、お気軽にどうぞ!084-963-2351受付時間 9:00-19:00
相続問題専門 木村法務行政書士事務所

メールでのお問い合わせはこちら