まさかの遺言認知!

こんにちは!

相続遺言専門、行政書士の木村浩康です。(^^)/

さて、今回の遺言書のトピックスは、

『遺言による認知!』

遺言認知に関するケースのお話です。

遺言書の作成といえば、

「財産の振り分けをバッチリ書く!」

それがメインとなりますが、
そのほかにも、法律的に効力をもつものがありまして、

婚外子がいる場合には、
遺言によって認知をすることができます。

親が亡くなって、いざ遺言を開封したら、
遺言認知のことが書かれていた!!

そうなりますと、残された家族は大ショック、
すったもんだの騒ぎになりますが、

亡き後に認知の訴えを提起されるのが確実であれば、
遺言で先手を打ってダメージを防ぐことが考えられます。

そうでないと、認知された子供が、それぞれの財産に対して、
当たり前のように相続分を要求してきて、

自宅の処分、家業の株式の譲渡や使っていた財産の処分を
余儀なくされるかもしれません。

認知された子供に遺留分が発生する場合には、
遺留分減殺方法を指定しておかなければ、争いは必至となります。

というわけで、このたびは、

財産の振り分けのみならず、遺言で認知をし、
認知をした後の財産の振り分けや遺留分についても記載することになりました。

まさかまさかの遺言認知となりましたが、
悲惨な相続トラブルを避けるうえで、遺言書への記載はとても大事です。

ふくやま mirai 遺言書相談室


Follow me!