法定相続人 相続人になる人

<相続関係一覧表>


①の配偶者は、常に相続人となります。
②の子も常に相続人となります。(養子、胎児を含みます)

子供のいない夫婦の場合、相続人となるのは配偶者とその親のみです。
本人の兄弟姉妹は相続人にならない点にご注意下さい。

父より先に子が亡くなっている場合、③の孫が代襲して祖父母の相続人となります。
子も孫も亡くなっている場合には、④のひ孫が再代襲して祖父
母の相続人となります。

第1順位の配偶者と子供がいない場合、第2順位の祖父母が相続人となります。
この場合、第3順位の兄弟姉妹は相続人にならない点にご注意を下さい。

第2順位の相続人がいない場合、第3順位の兄弟姉妹が相続人となります。
第3順位の兄弟姉妹もすでに亡き場合、⑦のその子供が相続人となります。(再代襲はなし)

遺産分割協議は、法律上の相続人と受遺者が全員参加して行わなければなりません。
参加者が1人でも欠ければ、遺産分割協議は無効となりますので、ご注意を下さいませ。

その他、相続人になる人、ならない人

<胎児>

相続においては、胎児も相続人となり、遺言で財産を遺贈することもできます。
胎児は相続人になりますが、母親が胎児を代理して遺産分割協議をすることはできません。

<非嫡出子>

婚姻外で生まれた非嫡出子は、父親から認知された場合のみ父親の相続人となります。
非嫡出子の相続分は、嫡出子と同じ相続分となります。

<養子>

養子は養親の相続人となることはもちろん、実親の相続人にもなります。
特別養子縁組の場合は、実親の相続人にはなりません。

<祖父母の養子となった孫>

祖父母が孫を養子にしている場合において、孫の父親が亡くなった場合、
孫は、子供として、父親の代襲相続人として、2つの身分で祖父母の相続人となります。

<前妻との間の子供>

両親が離婚をしても、親子関係がなくなることはありません。
前妻の子供も後妻の子供も、父の相続において同等の相続人となります。

<養子縁組前の養子の子供>

養親と養子縁組をする前に生まれている養子の子供は、養親の親族には該当しません。
よって、養子縁組前の養子の子供は、養子を代襲して養親の相続人になることはできません。

<内縁の妻>

内縁(事実婚)の妻は、内縁関係であり続ける限り、内縁の夫の相続人にはなりません。
内縁の夫が死亡した場合、内縁の妻は財産分与を受けることもできません。

遺言書作成のご相談、お気軽にどうぞ!084-963-2351受付時間 9:00-19:00
相続問題専門 木村法務行政書士事務所

メールでのお問い合わせはこちら