あとから親の遺言が!

こんにちは!
行政書士の木村浩康です。

今回の親の遺言書のお話は、
親の遺言書が後から出てきた場合のお話です。

いざ親の相続となった場合、子供が真っ先にすべきことは、
亡くなった親の遺言書があるかどうかの確認となります。

そして、遺言書がないとなれば、遺産分割協議が必要となり、
その遺産分割協議をする前提として、

戸籍謄本をたくさん集めて法律上の相続人を確定し、
家をしらみつぶしに探して相続財産を確定することになります。

そして、相続人の中に行方不明者がいれば、
不在者財産管理人の選任および遺産分割協議参加許可の申立てをし、

相続人となる人の中に利益の相反する未成年者がいれば、
その未成年者ひとりひとりのために特別代理人の選任申立てをし、

相続人の中に認知症の人、精神障がいを抱えた人がいれば、
その程度に応じて、成年後見人等の選任申立てをします。

そして、すったもんだの遺産分割協議を行って、
相続財産の行く末を話し合いで決定することになりますが、

何かとモメやすい遺産分割協議を何とか終え、
やれやれと思ったところに親の遺言書がのこのこ出てきたらもう大変!

これまでの苦労がすべて水の泡となり、
親の残した遺言内容に従って財産を分けることになります。

そして、その遺言を覆すためには、
法定相続人、受遺者全員の賛成が必要となります。

ご高齢の親の場合、遺言書を書いても、
誰にも言わず隠していらっしゃることが多くございます。

認知症になって遺言を隠した場所を忘れてしまい、
遺言を書いたことさえ忘れているケースもよくございます。

そういった最悪なケース考えますと、
やはり、専門家を関与させるか公正証書遺言をするのが無難だと思われます。

ふくやま mirai 遺言書相談室

Follow me!