親の遺言がないと困るケース!

そして、事業用財産も、法律上の相続分に従って遺産配分されることになります。

しかし、親の適切な遺言があれば、事業用の財産は、相続の開始と同時に遺言で
指定された人のものになりますので、確実に事業用財産を引き継ぐことができます。

お墓や遺骨をめぐって争いになりそうな場合!

相続において思わぬ形でトラブルになるのが、お墓をめぐる争いです。
お墓のことでモメてしまいますと、親族一同を巻き込んての大騒ぎとなります。

しかし、親が、遺言によってきちんと祭祀主催者を指定しておけば、
そのような、不必要な相続トラブルを避けることができます。

以上、

親の遺言なないと困る代表的な事例をご紹介致しました。
事例の場合、親の遺言がないと本当に大変なことになります。

親だって、残される家族が相続争いをするのは望まないはず!
親がまだ元気で、遺言能力があるうちに、遺言の用意をお願い致しましょう。

遺言書作成のご相談、お気軽にどうぞ!084-963-2351受付時間 9:00-19:00
相続問題専門 木村法務行政書士事務所

メールでのお問い合わせはこちら