100%相続争い間違いなし!

o0800060012777173609

こんにちは!

相続遺言専門、行政書士の木村浩康です。(^^)/

さて、今回の遺言書のトピックスは、

100%相続争いが避けられない!!

そんなケースのお話です。

今や3組に1組の夫婦が離婚をする世の中となりまして、
再婚をなさっているご家庭はたくさんございます。

そして、相続で大いに問題となるのは、
その再婚の父親に前妻の子供がいるケースです!

子供からすれば、気持ち的に絶対に認めたくないことですが、
前妻の子供と後妻の子供は、法律上、兄弟姉妹となります。

そして、父親がもしもの場合には、
前妻の子供と後妻の子供は、父親の相続において同等の相続人となります。

そのため、
父親が遺言をしないまま亡くなってしまったらもう大変!!

後妻の妻と子供は、自分たちだけで父親を相続するわけにはいかず、
前妻の子供も遺産分割協議に参加させなければなりません。

そうなりますと、お互いに気分が悪い者同士であるため、
そう簡単に遺産分割協議がまとまるはずがなく、

後妻と子供が前妻の子供に相続分に相当するお金を要求されて、
住み慣れた家を処分することになるかもしれません。

前妻の子供と後妻の子供が穏やかに話し合えるはずがないのは、
父親として生前にわかりきった話でございます。

子どもたちに嫌な思いをさせないよう、
そして何より後妻を悲惨な相続争いに巻き込んで路頭を迷わせないよう、

心当たりのある方は、
是非とも遺産分割協議の余地のない遺言書を遺しておきましょう。

(^^)/

ふくやま mirai 遺言書相談室


Follow me!