遺言と寄与分、どっちが優先?

こんにちは!

遺言書作成専門、行政書士の木村浩康です。

さて、今回の遺言書のトピックスは、
親の遺言と、長男と二男の相続関係のお話です。

長男は親と同居をしていて、親の跡取りでもあるため、
親の財産を多めに引き継ぐのは当然だと思っているが、

長男とその妻が親に非常につらくあたるため、
親は長男夫婦に財産を譲りたくないと思っているような場合、

親がひそかに、「私のすべての財産は二男に相続させる。」
といった内容の遺言書を作成することがあります。

しかし、親と同居して、跡取りだと思っていた長男にしてみれば、
そんな親の遺言を受け入れられるはずがなく、

これまで、跡取りとして親に一生懸命尽くしてきたことを主張して、
いわゆる「寄与分」を主張することが考えられます。

そんな場合、遺言は効力を失って、長男の寄与分が認められることになるのか、
それとも、遺言の効力に影響はないのか、気になるところですが、

長男がいくら親の財産の維持や増加に貢献していても、
親の「相続させる」旨の遺言に対して寄与分を主張することはできないとされています。

なぜなら、「相続させる」旨の遺言には、
特定の財産を特定の相続人に「優先して承継させる」という趣旨があるからです。

従いまして、長男としては、二男に対して
法律上の最低限の取り分である「遺留分」を主張する他ありません。

以上、親が相続させる旨の遺言書を作成したあとに
特定の子供から寄与分の主張があった場合、どちらが優先されるかのお話でした。

やはり、本人の最終意思である遺言書の力は絶大です。
相続について子供たちの話し合いに任せられない事情がおありの場合には、

まだまだ元気いっぱいで、子供たちから遺言能力を疑われないうちに、
法律的に間違いのない遺言書の作成をお早めに。

*****************************************

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

遺言書作成専門 木村法務行政書士事務所

ご相談窓口 TEL 084-963-2351


ふくやま mirai 遺言書相談室


Follow me!