遺留分減殺請求に備える遺言

こんにちは!
行政書士の木村浩康です。

今回の親の遺言のお話は、
遺留分減殺請求に配慮した遺言のお話です。

親が特定の子供のために、「財産を全部相続させる」と書いていて、
他の兄弟姉妹の遺留分を侵害しているケースはよくございます。

もちろん、親の遺言が、他の兄弟姉妹の遺留分を侵害していても、
その遺言が法律的に無効になることはなく、

他の兄弟姉妹が、「お兄ちゃんは跡取りだからね~」
と、何も文句を言わなければ、それで丸く収まります。

しかし、
親の相続は、そうそう都合よく参りません。

例えば、二男が内容証明郵便で遺留分の減殺請求をすれば、
二男の遺留分は、裁判を経ることなく回復されることになります。

よって、他の兄弟姉妹からの遺留分減殺請求が避けられず、
遺留分を主張されると大変なことになる場合には、

親とよく相談をして、
遺言の中で遺留分減殺請求の順序を指定してもらいましょう。

ちなみに、遺留分減殺方法の順序の指定におきましては、
遺贈より先に贈与を指定することはできません。

また、贈与を指定する場合、新しい贈与から指定する必要があり、
時期の古い贈与を先に指定することはできません。

以上、いざ親が遺言書を作成する場合、
ときに相続人の遺留分を侵害せざるを得ないケースが出て参ります。

相続で遺留分減殺請求がありますと、互いに気まずい思いをしますので、
親に一定の配慮をしてもらいましょう。

ふくやま mirai 遺言書相談室

Follow me!