親のよくある遺言!

こんにちは!
行政書士の木村浩康です。

今回の親の遺言書のお話は、
遺産分割協議の余地をなくす遺言のお話です。

親が作成した遺言書でよくあるのが、
財産の一部についてしか書いていない遺言です。

「自宅は長男に相続させる」

「田んぼは二男に相続させる」

など、とりあえず、めぼしい財産だけ遺言に書いてあり、
あとは相続人の話し合いに任せているような遺言がよく見受けられます。

そのような遺言も、法律的に無効ではありません。
しかし、とてつもなく大きな相続争いの芽を孕んでいます。

なぜなら、たとえば、親が「家は長男に相続させる」とだけ書いた場合、
他の財産については、子供たちで遺産分割協議をする必要があるからです。

この場合、家のことで気分を害した他の兄弟姉妹が難癖をつけて
相続争いを引き起す可能性が非常に高く、話し合いにならないかもしれません。

親が遺言書を遺すなら、やはり財産リストをしっかり作成して
何がどこにあるか引き継ぎをキチンと行ない、

子供たちが相続で絶対モメないよう、
遺産分割協議の余地をなくした遺言書であることが望まれます。

遺言書の記載からもれた財産があれば、その財産について、
別途、遺産分割協議をする必要がある点に、十分ご注意を下さいませ。

ふくやま mirai 遺言書相談室

Follow me!