相続分を指定した遺言!

こんにちは!

遺言書作成専門、行政書士の木村浩康です。

さて、今回のトピックスは、
遺言書の法的チェックにおけるお話です。

当相談室では、遺言書が法律的に無効になったり、
相続争いの火種にならないよう、

手書きで作成された遺言書や、公正証書遺言書の文案の、
法的チェックをさせて頂くことがありますが、

ご相談者様がお作りになられた遺言書を拝見させて頂くと、
たとえば、妻と子供二人のケースの場合に、

法律上の相続分の場合には、妻が2分の1の相続分、
子供たちは、それぞれ4分の1の相続分であるところ、

妻と長男の相続分を4分の1にして、
老後の面倒を看てくれた二男の相続分を2分の1に増やすなど、

相続分の割合変更をだけを指示している遺言書を
お見かけすることがあります。

(相続分を指定した遺言書)

そのような遺言書も法律的にはもちろん有効で、
それで丸く収まるならばいいのですが、

なかなかそういう訳にはいかず、
遺言書が相続争いの火種になるケースがよくあります。

なぜなら、遺言で指示された相続割合を実現するために、
遺産分割協議を行う必要があるからです。

そうなりますと、その相続割合に基づいて、
だれがどの財産を取るかで大いにモメる可能性があり、

それ以前に、どの物差しで財産の金銭評価をするか、
財産評価の物差しで、大いにモメてしまいます。

そもそも、その指定された相続割合自体に納得がゆかないとして、
遺産分割協議が大荒れになることでしょう。

ご希望の相続を実現するのみならず、
家族の相続争いを防ぐのが目的であるならば、

相続割合の変更指示だけの遺言書は非常に危険です。
ここは、財産の割り振りを指示した遺言書を作成致しましょう。

遺産分割方法を指定した遺言書ならば、
家族は話し合いをする必要がなくなって非常に助かりますし、

たとえば、遺言書で指定された田んぼや畑は、
相続開始と同時に、それを引き継ぐ人に帰属するようになります。

さらに、公正証書遺言書で遺産分割方法を指定しておけば、
田んぼを引き継ぐ人は遺言の検認なしに、直ちに名義変更をすることができます。

遺言書の検認手続きは本当に面倒ですからね。
数か月も待たされることなく、ただちに名義変更ができるメリットは大きいです。

以上、遺言書を作成するときに覚えておきたい豆知識のお話でした。
少しでもご参考になれば幸いです。

*****************************************

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

遺言書作成専門 木村法務行政書士事務所

ご相談窓口 TEL 084-963-2351


ふくやま mirai 遺言書相談室


Follow me!