妻のためにする遺言

今回の遺言書の新着情報は、
妻のためにする遺言のお話です。

まず、子がない夫婦において、夫が死亡した場合、
妻だけが夫が相続人になると勘違いをすることがよくあります。

しかし、夫の親がまだ健在であれば、妻と夫の親が相続人となり、
親は3分の1の相続権(頭数で分配)をもつことになります。

そして、夫の親も亡くなっていれば、妻と夫の兄弟姉妹が相続し、
兄弟姉妹は、4分の1の相続権(頭数で分配)を持つことになります。

そのため、妻に自宅を遺したい場合には、
「妻に自宅を相続させる」との遺言書を遺しておく必要があります。

妻と夫の兄弟姉妹が相続人になる場合は、兄弟姉妹には遺留分がないため、
妻だけが夫の財産を相続することが可能となります。

つぎに、老妻が安心して暮らせるよう、自宅を確実に妻に渡したい場合も、
同じように、「妻に自宅を相続させる」と書いておきましょう。

相続は、法定相続分による共同相続が原則であるため、
子供が相続分の買い取りを主張して、家の売却を余儀なくされるかもしれません。

しかし、「妻に相続させる」旨の遺言があれば、
相続開始と同時に、遺言で指定された自宅は指定された妻のものになります。

さらに夫が再婚で、前妻との間にも夫の子供がいる場合、
夫が万が一のときは、その前妻の子供も、夫の相続人になります。

前妻の子供と後妻の子供が穏やかに話し合えるはずがなく、
後妻が相続分の買い取りを要求されて、窮地に追い込まれるかもしれません。

そのため、後妻と前妻の子供が夫の財産を巡ってモメたりしないよう、
夫は、前妻の子供たちの遺留分に配慮した遺言を残しておきましょう。

そして、前妻の子供たちからの遺留分減殺請求が避けられない場合には、
遺留分減殺方法を指定した遺言書を残しておきましょう。

以上、あとに残される老妻や愛妻のことがご心配の場合は、
元気なうちに遺言書の作成をお早めに!

*******************

ふくやま遺言書作成相談室
遺言書作成専門 行政書士木村浩康
お電話 084-963-2351

広島県福山市神辺町川南419-1
レイクタワービル503
木村法務行政書士事務所

Follow me!