え?前妻の子も兄弟?

こんにちは!
行政書士の木村浩康です。

今回の親の遺言書のお話は、
親が再婚をしている場合の遺言のお話です。

父親が再婚をしている場合、前妻の子供と後妻の子供は、
法律上は兄弟姉妹であり、父親の相続において同等の相続人となります。

そのため、父親が遺言をしないまま亡くなった場合、
後妻の妻子は、前妻の子供に遺産分割協議の通知をしなければなりません。

そして、遺産分割協議は多数決では成立せず、全員の賛成が求められるため、
そう簡単に話し合いがまとまることはありません。

見たこともない兄弟姉妹と激しい相続バトルを展開することになり、
相続分に相当するお金を要求されて、自宅を処分する必要が生じるかもしれません。

何らかの家業を継いでいた場合、相手は遠慮はないでしょうから、
当たり前のように相続分を主張されて、廃業に追い込まれるかもしれません。

前妻の子供と後妻の子供が穏やかに話し合えるはずがないのは
どう考えてもわかりきった話です。

父親の財産を巡って激しくモメて、家を失うことのないよう、
再婚の父親には、是非とも遺言書をお願いしておきましょう。

そして、前妻の子供たちからの遺留分減殺請求が避けられない場合には、
遺留分減殺方法を指定した遺言書を残してもらっておきましょう。

以上、3組に1組が離婚をするこのご時世において、
親の遺言が家族を守る典型例お話でした。

ふくやま遺言書作成相談室

Follow me!