先に亡くなったらどうなる?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは!

遺言書作成専門、行政書士の木村浩康です。

さて、今回のトピックスは、

『自宅はやはり、同居をしてくれて、
最後まで面倒をみてくれた長男にあげたい!』

そんなこんなのお話です。

そういったケースは非常に多くありまして、
このたびも、それを確実に実現するためのご依頼でした。

親が長男に自宅を譲りたいとお考えの場合、
「自宅は長男に相続させる」と遺言に書くようになりますが、

ここで注意しておきたいのは、
親よりも先に長男が亡くなった場合のことです。

その場合、長男の子供が家を相続することになるのか、
それとも、遺贈のように遺言は効力を失ってしまうのか?

そして、親の遺言書がある以上、
長男の子供が相続するのが当然のように思われますが、

実は違うんです!!

最高裁の裁判例(平23.2.22判決)によれば、
代襲相続のようにはなりませんので、ご注意を下さいませ。

「自宅は長男に、長男にもしもがあれば、その子供に自宅を譲る」
との思いがあるなら、そのことも忘れずに遺言に書いておかねばなりません。

そのことが書かれていないと、せっかくの遺言書が効力を失って、
自宅の相続が「共同相続」に切り替わってしまい、

長男家族が他の相続人から持分を要求されて、
思い出の詰まった自宅の処分を余儀なくされるかもしれません。

というわけで、まさかに備える予備的遺言書のお話でした。
遺言書作成のご参考になれば幸いです。

*****************************************

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

遺言書作成専門 木村法務行政書士事務所

ご相談窓口 TEL 084-963-2351


ふくやま mirai 遺言書相談室


Follow me!