もしも先に!?

こんにちは!
行政書士の木村浩康です。

今回の親の遺言のお話は、
よくある遺言の勘違いのお話です。

親が長男に自宅を譲りたいと考えている場合、
「自宅は長男に相続させる」旨の遺言を作成することになります。

そうすれば、親の相続開始と同時に、
自宅は、登記をしなくても長男のものになります。

しかし、もしも、親よりも先に長男が亡くなったら、
遺言の効力はどうなるでしょうか。

長男の子供が代襲して家を相続することになるのか、
それとも、遺贈のようにその遺言は効力を失ってしまうのでしょうか。

ひとたび遺言で長男に相続させると書いている以上、
引き続き、長男の子供が相続するのではないかと思われますが、

最高裁の判例によれば、その点につきまして、
代襲相続の規定の準用は否定されています。(最高裁判例平23年2.22)

従いまして、例えば、「長男に先祖代々の土地を相続させる。
長男にもしもがあれば、長男の子供に先祖代々の土地を相続させる。」

とのお考えがあるならば、その旨を遺言書に明記しておかなければ、
遺言書は効力を失って、法律割合による共同相続となりますのでご注意を。

以上、遺言書作成における予備的遺言のお話でした。
ご参考になれば幸いです。

ふくやま mirai 遺言書相談室

Follow me!