え?遺言にそんなことが?

こんにちは!
行政書士の木村浩康です。

今回の親の遺言のお話は、
親の遺言内容に関するお話です。

親の遺言とくれば、
「財産の振り分けがバッチリ書いてある!」

それがメインとなりますが、そのほかにも、
親の遺言書に記載があれば、法律的に効力をもつものがございます。

たとえば、遺言認知です。

親は遺言によって婚姻外の子供を認知することができます。
親の遺言にそのようなことを書いてあれば、家族のショックは隠せません。

とはいえ、親の亡き後、相手から認知の訴えを提起されるのが確実であれば、
遺言で先手を打ってダメージを防ぐという意味が隠されているかもしれません。

次に、未成年後見人の指定です。

離婚をして母親が子供の親権者となっているケースの場合、
母親が亡くなれば、別れた父親が親権者変更の手続きをするかもしれません。

その対抗策として、母親が遺言で子供のために未成年後見人を指定しておけば、
別れた父親による親権者変更の手続きを防ぐことが可能となります。

そして、そして、禁断の、
親不孝の子供を相続人から排除する旨の遺言です。

親は、遺言によって親不孝の子供を相続人を排除することができますので、
もしかしたら、知らぬ間に相続から排除されているかもしれません。

その他、親が子供たちの相続争いを見越して遺留分減殺方法を指定する、
親が遺言で生命保険金の受取人を変更する、

だれが後を継ぐかで問題になることも多いので、
親が遺言で祭祀主催者を指定する、などのケースが考えられます。

以上、親の遺言書は、単に財産の振り分けのみならず、
他にも大切なことが書かれているかもしれませんのでご注意を!

ふくやま mirai 遺言書相談室

Follow me!