え?遺言が起爆剤?

こんにちは!

遺言書作成専門、行政書士の木村浩康です。

さて、本日のトピックスは、
せっかくの遺言が相続争いの引き金になるケースのお話。

遺言書のご相談や法的チェックでよく遭遇するのが、
親の「自宅は子供の〇〇に相続させる」とだけ書いてある遺言。

確かに、親が「自宅を子供の〇〇に相続させる」旨の遺言を書いていれば、
相続開始と同時に自宅は〇〇さんに帰属します。

老後の面倒を看てくれた〇〇さんのために「相続させる」旨の遺言を書いておけば、
遺産分割協議の余地も、遺言執行の余地もありません。

しかし、
その親の遺言が、相続財産の一部についてだけだと大問題!!

なぜなら、親の残りの財産について、
子供たち全員で遺産分割協議をする必要が生じるからです。

親が子供のうちの1人にだけ、中途半端に遺言をしているのですから、
そのあとの遺産分割協議が大荒れになるのは避けられません。

その子供は、「その遺言、オマエが書かせたんだろう?」
などと言われて、本当にイヤな思いをすることになるでしょう。

という訳で、親が家族のために遺言を書くなら、
特定の子供だけでなく子供全員を対象とした内容とすること。

相続財産となりそうなものは、
遺言書にすべて書いて遺産分割協議の余地をなくすこと。

細々として全部を書けない場合には、
「その他一切の財産を〇〇に相続させる」との表現が有用です。

遺言を書いても、遺産分割協議の余地を残してしまったら、
遺言書を作成する意味が激減してしまいます。

相続財産の一部しか書いていない遺言はトラブルのもと。
非常に高い確率で相続争いの起爆剤となりますのでご留意を!

遺言書の法的チェックなどでよくお見かけしますので、
くれぐれもご注意を下さいね。(^^)/

*****************************************

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

遺言書作成専門 木村法務行政書士事務所

ご相談窓口 TEL 084-963-2351


ふくやま mirai 遺言書相談室


Follow me!