素晴らしい遺言!?

こんにちは!
行政書士の木村浩康です。

実は今、相続税の大改正や相続争いの激増を受けて、
親の手書きの遺言書が飛躍的に増加しているとか。

確かに、手書きの遺言の場合、公正証書遺言と違って
いつでも、どこでも簡単に作成できますからね。

時間と費用をかけたくない!

定期的に遺言を書き換えたい!

子供たちには内緒で遺言を書きたい!

親がそういったお考えの場合、
手書きの遺言書は非常に重宝されます。

また、親が遺産の処理よりも
メッセージの方を重視なさっている場合、

病気で死期が迫っていて、
公正証書遺言書を作成する時間がない場合、

そんな場合も、
手書きの遺言は非常に重宝されることになります。

しかし、親がひとりで遺言を作成する場合は、
間違いが起きやすいので要注意であるのはもちろんのこと、

親が手書きで遺言をする場合、
遺言能力もよく問題になります点にご注意を!

末期だったのに、やたら専門的な遺言!

(-。-)y-゜゜゜

認知症だったのに、遺産の分け方が複雑な遺言!

(-。-)y-゜゜゜

手が震えていたのに、達筆で枚数が多い遺言!

・・・ (^^ゞ

そんな親の遺言は大問題!

来たるべき遺言の検認手続きが大荒れとなりまして、
相続分を減らされた子供が親の遺言能力にケチをつけることでしょう。

あまりに素晴らしい親の遺言は、たとえ公正証書遺言であっても
親の遺言能力が否定されますのでご用心!(^^)/

ふくやま mirai 遺言書相談室

Follow me!