親の遺言があなたを守る!

はじめまして。
遺言書作成専門、行政書士木村浩康と申します。

近年、親の相続において、他の兄弟姉妹とモメることを心配なさり、
ご相談を下さる方が増えて参りました。

親の遺言書がないまま相続を迎えることになりますと、大変なことになります。
遺産分割協議は、簡単なことではございません。

遺産分割協議前の相続人の調査、相続財産の調査はとても面倒で、
相続人全員参加・全員一致の遺産分割協議も、簡単なことではございません。

遺言書がない以上、それぞれの思惑が入り乱れるのは必然で、
各自が好き勝手に権利を主張して、話し合いが頓挫することはよくございます。

しかし、親の適切な遺言があれば、遺産分割協議は不要となります。
住む家を失ったり、兄弟姉妹が「縁切り」になるようなことはありません。

財産をもらうべき子供が確実に財産をもらえるようになり、
遺産の名義変更も、相続税の申告も、親の遺言によって非常に楽になります。

「子供たちがモメないように、キチンと遺言を書いてくれ」など、
親には大変言いにくく、ついつい問題を先送りにしてしまいがちです。

しかし、そうこうしているうちに親が亡くなったら、後の祭りです。
親の遺言書は、あなたを悲惨な相続トラブルから守ります。

親の遺言書の法的サポート!

子供たちの仲が悪く、あるいは、半血の兄弟がいるにもかかわらず、
親が遺言を書こうとしないケースはよくございます。

そのような場合、ついつい親に遺言を急き立てるようになりますが、
子供から遺言のことを言われて気分を害すケースは、非常に多くございます。

しかし、親も、遺言を書いておけば、疎遠の子供や親戚ではなく、
本当に財産を遺してあげたい人に確実に財産を渡せるようになります。

家族がモメないよう、遺言で寄与分を認めたり、遺留分の減殺方法を指定したり、
特別受益財産の持ち戻しを免除したり、祭祀主催者を指定することができます。

何より、遺言を書けば、子供たちに家中をひっくり返されるようなことがなくなり、
相続争いがなくなる結果、家族から永遠に感謝され続けることになります。

以上のような遺言書の絶大なメリットを親にどのように伝えるかがポイントで、
しかも、作るならトラブルにならない遺言をお願いしなければなりません。

専門的第三者の立場において親に遺言書の説明をして欲しい、
あとでトラブルにならないよう親の遺言書作成の法的サポートをして欲しい、

そんなときには、専門の当事務所までお気軽にどうぞ!
ご依頼を受けまして、親の生前対策や遺言書作成の法的サポートを致します。

遺言を書いて家族を守る!これで安心! 公正証書遺言書の作成

遺言書作成のご相談、お気軽にどうぞ!084-963-2351受付時間 9:00-19:00
相続問題専門 木村法務行政書士事務所

メールでのお問い合わせはこちら